(C) YAS ARTS OF PERCUSSION TM June2002

「クマチャン」への
リサイタル アドヴァイス
マリンバ リサイタルの場合
まず,普段,弾き慣れてる楽器で演奏
することを前提に以下お話します。
1.ピアノ伴奏で行う場合。
自分の立つ位置は,必ずピアニストが,
感じられる位置に立ちその前に楽器を
位置すること。感じられるとは,見えない
までも,顔を横に向ける事で確認がとれ
る場所に位置すること。具体的には,
HI-Cのバー に目を注ぐとピアニストの
動きが感じられる位置,決して振り向か
ないとピアニストが見えない位置に
位置しない。
2.ピアノの蓋は,遠慮しないで開けぎみ
にする。(小さなホールでも半開以上,
閉じたままにしない。)
3.多分,譜面は見ないと思いますが,
譜面台を立てる場合,バーの上面に
譜面台の底辺を位置して止め,さらに,
傾斜を客席に向かって,45度から90度
の範囲に傾けると客席から,マリンビスト
の姿がよく見えて,表現力の足しになる。
さらに、譜面台の上部がピアノでいう黒鍵
の底辺まで下げてマレットヘッドの動きを
見せると表現力の倍増でパーフェクトだ。!!
4.マレットは,横着しないで,左右端の鍵盤
の横とかに刺さない。マレットホルダー
を使用するか,マレット・トレイに置く。
「クマチャン」5Vaのマリンバ購入,その駆使
1.音域が広くなるため、特に4マレットを
どのようにあなたは、持つか?にまた、
悩むこともあると思います。ご存知のよう
にあなたの従来の持ち方の他に薬指と
中指にマレット・シャフトを挟む(古くは
ヴァイブ奏者のテリ-・ギブス)方法が
あります。薬指と中指が親指と人差し
指と同じ役目を果たすようにするトレー
ニングは、分散和音(C,D,~D7~,C-,D-,
C。D。ect..)を一度つかんでから左手
の低音から右手へ、右手の高音から
左手の低音へと繰り返し演奏してゆく
と効果があります。
2.二の腕が、あまり高くならないよう
に演奏します。ok
「みおチャン」大奮闘物語
鍵盤打楽器からドラム・セットもこなし、いちいばん
燃えるのが小物打楽器の中でもアゴゴでそのリズム。
そんなパーカッショニストの
みおチャンは、
最近ティンパニに挑戦している。耳とティンパニ・
チューニングの問題処理のため
、まず、ソルフェ
イジに遭遇した。そして、チューニング・ゲイジの
使用とチューニング・ゲイジの不使用の効用。
ティンパニの音程づくりに完全音感は必要か?
ティンパニの二通りのマッフリング方法には、
秘密がある。クロス・ハンマリングは、魅力ある
人格をつくる。そして、ティンパニ・ロール奏法の
定めを体得中で大奮闘!。


(C) YAS ARTS OF PERCUSSION TMJune 2002

What a Man! >*<When I was 19years old. (from Dictionary)東京藝術大学奏楽堂にて。

(C) YAS ARTS OF PERCUSSION
TM  June2002/Oct.2002
 「あみチャン」小太鼓トレーニング
それは、指を伴ったマチッド・グリップ、トラディ
ショナル・グリップといったスティックの持ち方
などからはじまり、シングル・ストローク、ダブル
・ストロークの基本奏法をもとにオーケストラ・
ロールに通じるロール奏法が小太鼓奏法の中
でも独特の奏法といえます。
グリップの方法は、いろいろ違ったかたちでオ
ーケストラ打楽器奏者に見られます。たとえば、
トラディショナル・グリップでは、左手の親指と
薬指の第1指の動作。
マチッド・グリップでは、親指の腹とでもいいま
すか、その部分が、スティック・シャフトに圧力
を加えて他の四指を伴ってコントロールする動
作。このマチッド・グリップは、ティンパニでいうと
ジャーマン・グリップと外見は似て見える、また、
手の甲を壁側に向けるとフレンチ・グリップと呼ば
れるグリップになり、ドラムス奏法にも取り入れら
れ、その威力は、抜群です。
それぞれのグリップは、微妙に違って奏者に
見ることができます。
 小太鼓の基本のシングルストロークで
1楽曲を貫く
ラヴェル ボレロ、奏者
にプレッシャーが,かかるのは、冒頭の
PPの発想記号だ。弦楽器のピッチカートと
共にスタートするが、おそらく、弦楽器は、
弦をはじかないだろ。きっと、指先でかするだ
けに違いない。厳密にいうとピッチカートし
ないんだろう。と思うくらい気になる。

小太鼓のシングルストロークは打楽器の
基本だが、
ラヴェル ボレロのストロークも
いろいろある。

ラヴェル ボレロ小太鼓特別講座
Ravel Bolero for Tambou
r


(C) YAS ARTS OF PERCUSSION TMJune 2002
さて特別講座 
Castanets MULTIUSE(TM)Rolls

についてお話しましょう。

通常シンフォニック オーケストラ プレイヤーのカスタ
ネットの扱いは、フラメンコダンサーのもつカスタ
ネット(小生は1963年当時大阪住在の作り手よ
って作られた黒檀製のカスタネットを2組購入,1組
は、Higth Pichぎみ、もう1組はLow Pichぎみのカスタ
ネット)をフラメンコダンサーが奏でるのと同様の
奏法で楽曲を演奏したり、柄付きカスタネット
おしゃもじ状の板の頭部表裏に2枚の貝殻状
木片を柄を中心に裏表に分けて紐でくくったもの。
柄付きカスタネット1本を片手に持ち膝に当て他方
片手や指を操作カスタネットに当てて奏する。
また両手に1本ずつ柄付きカスタネットを持ち、
振って奏するファリヤ/三角帽子終曲のfロールは
効果的で、膝などに当てたりもして奏します。

1本だけで巧妙に奏したりしますが、2本の柄付き
カスタネットを台に二列横並びに取り付けシーソー
状になった柄の部分を両手で奏するカスタネット
マシーン的なカスタネットでも楽曲を演奏します
(独自の方法でカスタネットを台に取り付けた
小生製のもある)。
  このフラメンコダンサーがカスタネットを奏でる
奏法
親指へのカスタネットの取り付け方は、
カスタネットの紐の輪を左右の親指の根本と
第1指 爪寄りに通す。
 具体的には,はじめに、紐の結びめのある方
の輪に親指を通し親指の根本に設置する。
カスタネットを反対側に抜けた紐の輪を親指の
爪の甘皮上に位置する。
 根本にある結びめのある紐の長い一方の紐
を強く手前にひっぱると、爪の甘皮に位置した
紐もひっぱられて爪周りに紐がからみ付き親指
からカスタネットが脱落しなくなる。
以外は、
カスタネットロールの音量・ロール感がリズムフレ
ーズの流れに不自然さが生じることもあります。
その不自然さを解消し、また、ファリヤ:三角帽子
の終曲などにもみるロング・ロール にもその威力
を発揮するカスタネットロール奏法が、
小生が考案したCastanets MULTIUSE(TM)Rolls奏法
です。
 勿論、持ち替え打楽器の敏速さを追及したこと
により生まれ完成したカスタネットアクションは、
Castanets MULTIUSE
(TM)Rolls奏法によって獲得できます。

詳しくは;
Castanets
MULTIUSE(TM)Rolls
カスタネット講座へはこちら


(C)YAS ARTS OF PERCUSSION TM 2003 **
                    (C)YAS ARTS OF PERCUSSION
TM
                   
March2004 at my Studio

(C)YAS ARTS OF PERCUSSIONTM May 2005 at Wakaba Concert
*最近、「2歳になる子がやたらどこでも
構わず、たたき廻るので、ドラム・キッドを
買ってあげました。」と電話があった。
「1日中、たたいています。先生のとこへ
と思ってます。」とまた電話があった。
「3歳になったら連れていらっしゃい。」と、
それまでのことをお話して説得。3歳に
なったら来るかなあ。〜〜〜>.< June2003読売
**選択科目の中に「和太鼓」がある。締太鼓
(お能、民謡などに使用される。)、祭り太鼓
(お祭りや盆踊りに見られる”ど〜ん”と尾を
引くように響きその胴は、大木をくり貫いた
胴や、合成樹脂胴がある。)その授業は、
ばち(檜材などで二本)の持ち方など
”和太鼓の決まり”から始まるが、
何と云っても年齢を問わず,自然に楽譜が
読めるようになったり、変拍子が身に付く
など太鼓の基礎と応用が学べる科目だ。
July2006

Nov.01,2003(C)YAS ARTS OF PERCUSSION TM

読売日響創立時(1962年)より在籍した
傍らアメミヤ ヤスカズパーカッション オーケストラ
(1980年結成)で活動を開始して以来、
1986年には、東京パーカッション
カルテッ
を結成主宰している。
今までの訪問校は、世田谷区千歳小学
校、多摩ニュータウン松ケ谷小学校、相模
原市鵜森中学校、日吉小学校、山梨
南中学校など他府県におよび、学校教材
からの選曲もありその活動は、好評を
得ている。
都内はもちろん全国各地へ演奏旅行も
行います。  お問い合わせは、
Fax.03-3416-2570でお待ち申し
上げております。
邱玉蘭(きゅう・ぎょくらん /
Chiu Yu-Lan Soprano)
及び

雨宮靖和(あめみや・やすかず /
Yasukazu Amemiya Percussionist)
 独奏
のお問い合わせも
Fax.03-3416-2570でお受けいたして
おります。東京パーカッション 
カルテット
と同様によろしくお願い申し
上げます。
お問い合わせ;
Fax.03-3416-2570

HOME
i mode
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


i mode
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

Copyright(C)2003
AMEMIYA ENTERPRISES Inc.All Rights Reserved